全国対応!実績年間250件以上、ドローン許可・承認サポート

スポーツ大会、テレビ番組撮影、外国人によるドローン飛行、国道・県道上空の写真測量など、高難度の申請を、ドローンスクール講師歴4年の『専門家』行政書士が、最短で国交省の許可承認を取得します。

行政書士としてドローンの許可申請を行う傍ら、撮影スタジオの運営から機体の販売まで、ドローン全般の事業を行う。

『ドローン行政書士』の略歴
  • 空撮スタジオ「Studio SKY-ACT」 事業責任者兼ドローンパイロット
  • 一般社団法人九州ドローンスクール(JUIDA認定校)校長兼認定講師
  • 熊本県ドローン技術振興協会 法務顧問
  • 年間1500件以上の申請を行うドローン申請行政書士チーム「SKYプロジェクト」所属

2015年にドローンの許可申請を手掛けると同時に、ドローン撮影のスタジオ「Studo SKY-ACT」を設立。数多くのフライトをこなす傍ら、DJI機の機体、アプリや関連ソリューションの販売も行う。

行政書士としては、テレビ・官公庁・外国人・スポーツイベント、国道上空の測量や建物点検等の難易度の高い申請を中心に、年間250件以上の許可承認を取得している。また、ドローンスクールや協会での講習など、ドローンに関するセミナーは4年間で200回を超え、熊本を中心に、北は東京から南は沖縄まで全国各地で登壇している。

<取得資格>

  • JUIDA認定無人航空機操縦技能
  • JUIDA認定無人航空機安全運航管理者
  • JUIDA認定講師
  • 無人航空従事者検定(ドローン検定)1級

 

ドローンの最新ニュース

「無人航空機の飛行に関する許可・承認の審査要領」を改正
新発売ドローンの申請にはご注意を
令和2年4月1日 国土交通省航空局標準マニュアル改訂
「ドローンの法改正が閣議決定」
「催し場所上空の飛行承認」と「コロナウイルス」
無人航空機の『許可』『承認』…違いは?
DJI最新産業用ドローン&ソフトウェア体験セミナーin熊本開催
ドローン登録制導入へ
ドローンと5Gと観光活用
200g未満のドローンはどこでも飛ばせる?訳ないですよ!

当事務所のドローン申請サポート内容

〇許可承認申請が必要な空域と飛行方法

・国土交通省のポスターより抜粋

〇人口集中(DID)地区と空港の制限表面

・地理院地図より抜粋

〇以上の空域の飛行や飛行方法に係る許可承認・申請サポート

【有効期間1年間以内・場所指定なし】

・人口集中地区上空、目視外、夜間、第三者及び第三者の物件から30メートル以内の飛行

【有効期間1年間以内・場所指定】

・催し場所(イベント)上空、制限表面内、150m以上の上空

【有効期間1年以内・農薬散布】

・危険物の輸送及び物件投下(2セットでの申請)

【機体】

資料の一部を省略することが出来る無人航空機

・レース機、その他改造機

・農薬散布機  等

※体育祭・スポーツ大会、お祭り、テレビ撮影、交通量の多い公道上空の測量などの特殊な飛行も最短で取得します。

その他のサポート内容

〇ドローン情報基盤システム(DIPS)利用サポート

「ドローンの申請」に関するご相談料・各報酬額

  • ・報酬額とは別に実費(交通費、印紙代、登録免許税、役所手数料等)が必要になります。
    ・特に時間を要し複雑なもの、計算を要するものについては、あらかじめ依頼者の承諾を得て、加算した報酬額を頂く場合がございます。
    ・実際の報酬額については依頼内容をご確認した上で、見積書にてりをして依頼者への事前通知、了解を得ての業務着手を原則とします。
・無人航空機(ドローン)に係る書類作成及び許可(税別)
許可承認を申請するには、事前に10時間以上の飛行訓練等が必要です。ご依頼頂く場合は、個別に行ってください。許可承認の要件は、「無人航空機の飛行に関する許可・承認の審査要領」ののP12をご確認ください。

 

個別許可申請(申請のみ)※1
申請相談 初回 無料
許可承認申請(1年包括) DID、目視外、夜間、第三者距離30m 25,000円から
許可申請(場所、期日指定) 空港周辺、地表150m以上、イベント 30,000円から
農薬散布機(1年包括) 最大離陸重量が25㎏未満の機体 39,000円から
更新申請(1年包括) 15,000円から
 
 
※1の許可申請の対象機体は、農薬散布機を除き、国土交通省が指定する「資料の一部を省略することが出来る無人航空機 」に該当する機体です。例DJI製PHANTOMシリーズ、MAVICシリーズ、Inspierシリーズ、MATRICEシリーズ等
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました